アレルギー治療薬について(ザイザル・アレグラなど)

アレロックの成分の効果と副作用

アレロックの成分の効果と副作用

オロパタジン塩酸塩を主成分とするアレロックは、別名オロパタジンと呼ばれることもあります。
主に花粉症やアレルギーを抑えるための薬です。
病院で処方される他、市販薬としても知られています。
一部の薬局薬店で購入することもできます。

アレロックは、アレルギー性鼻炎や、花粉症、蕁麻疹などの原因とされるヒスタミンの働きを抑制することでアレルギー症状を抑える効果があります。
その作用は強く、即効性がありますので効き目が早いのも特徴です。
ヒスタミンの働きをブロックすることができれば、アレルギー症状を抑えることが可能ですので、アレロックをはじめ、多くのアレルギーを抑える薬は抗ヒスタミン薬が使われています。

アレロックの副作用

優れた効き目のアレロックですが、その反面副作用も強いですので服用の際は注意が必要です。
アレロックの主な副作用は眠気です。
アレルギーの原因であるヒスタミンは覚醒にも関係する物質ですので、それを抑制する目的である抗ヒスタミン薬は種類に関わらず眠気の副作用が生じるリスクがあります。
その中でも、アレロックには眠気を生じる働きが強いです。
車の運転をする際には服用を避けなければなりません。

その他の副作用として知られているのが、口や喉の渇き、倦怠感、吐き気などです。
これらの原因となるのは、抗ヒスタミン薬の中に微量に含まれている抗コリン作用という働きが関係しています。
抗コリン作用が生じることによって起きる症状は、唾液の分泌量が減少したり、胃腸の働きが低下したりということです。
アレロックは比較的、抗コリン作用は少ないといわれていますが、全くないわけではありませんので、このような副作用が生じることがあります。

市販のアレロックの添付書には、副作用として体重増加の記載があります。
ヒスタミンには食欲を抑えてエネルギーを促すという作用がありますので、ヒスタミンを抑える目的である抗ヒスタミン薬は結果として体重増加につながるという理由からです。
しかし、発生頻度は非常に低いので、過度の心配は必要ないとされています。

アレロック(オロパタジン)は子どもが服用しても効く

アレロックは小児科や耳鼻科などで子どもにも処方されることがあります。
子どもにアレロックが効果的なことが示されたので大人用よりも少ない量で配合されて使用されるようになりました。
幼児などの小さな子ども用に処方されるアレロックは主に粉タイプで、飲みやすくするために白糖がかなり入っているので甘い味が特徴です。

錠剤が飲めるようになる小学生くらいの子どもでしたら、錠剤タイプも有効です。
粉タイプはとても甘いので虫歯のリスクがあります。
服用後はすぐに歯磨きをしたほうが良いです。

アレロックは、正しい用法、用量を守れば子どもにも非常に良い効果を発揮することができます。
大人と同じでヒスタミンを抑えることが目的ですので、効果や副作用も基本的には同じです。
しかし、粉タイプで量が少ないものを病院で処方してもらえば2歳ごろから安心して使用する事ができます。
また、子どもはアレルギーが原因で鼻づまりになってしまったりすることが多いのですが、幼いこどもは上手に鼻をかめない場合がありますので、アレルギーによる鼻づまりから副鼻腔炎など他の症状を引き起こすこともあります。
ただの鼻づまりと思わずに早めの治療が肝心です。

最近は、環境の変化などにより子どもでもアレルギーの症状を訴えることが多くなってきています。
花粉症やアレルギー性鼻炎は大人だけでなく子どもにも発症しますので効き目が強いアレロックはとても頼りになるお薬です。
アレルギーを抑える成分は子ども用にも配合されていますので、安心して服用することができます。
子ども用は副作用も少なめになっていますが、全くないわけではありません。
とくに眠気が起こることがありますのでその点は注意が必要です。