アレルギー治療薬について(ザイザル・アレグラなど)

ザイザルが売られている通販のシステム

ザイザルが売られている通販のシステム

抗ヒスタミン薬のザイザルがアレルギー性の皮膚疾患にたいへん効果がある薬であるのはよく知られていますが、それを手軽に手に入れる方法まで知っている人は少ないようです。
多くの人は、皮膚科などを受診して、医師に処方してもらうしかないように思っているようです。

ザイザルは、強い効果がありながら副作用も強かった第一世代と呼ばれる薬の代用薬として開発された第二世代と呼ばれる薬ですが、効果はそのままにしながらも副作用を完全に抑えきるまでには至っていません。
とくに、眠気などの副作用が残っていて、どうしても医師の処方が必要ということになっているのです。
したがって、街のドラグストアなどで手軽に購入することはできません。
しかも、日本にはザイザルのジェネリック医薬品というものが存在していないので、処方されたザイザルも安価に購入することはできないのです。

しかし、海外にはこのザイザルのジェネリックが存在しています。
だから、インターネット経由で、海外の通信販売サイトから個人輸入するという方法を使えば、ザイザルを処方してもらうよりも、はるかに安価なジェネリックの薬を手にすることができます。
海外発のザイザルのジェネリックで、今一番人気のある薬は、クレブロスという名前の薬です。
クレブロスは、服用するときの分量などもザイザルとほぼ変わりなく、とても服用しやすい薬として人気があるのです。

海外の通信販売サイトを経由するということで敬遠する人もいるようですが、海外の通販サイトでも、システムそのものは日本のそれとほぼ変わらないものです。
もし、難しい英語などが表記されていても、インターネットの翻訳サイトなどを利用することで十分対応できます。
個人輸入という方法で直接購入するため、余計な経費などもかからず、購入価格も格安になります。
今、ザイザルの効果を期待して何とか手に入れたいと思うならば、海外の通販サイトを通じてジェネリック医薬品であるクレブロスを購入するという方法が一番お勧めの方法といえます。

通販サイトにも注意がある

ザイザルを通販サイトから購入の際に気をつけなければならないことがあります。
それは、通販サイトでの利用目的が個人的な購入に限るとされていることです。
つまり、個人輸入のみでありビジネスとして利用することはできないということです。
ただ、個人輸入に際しては、大量に購入するほうがより格安になっています。
一度きりの使用にならず、継続して使用することが多い薬なので、大量に購入しておくほうが効率的ということはできそうです。

薬の個人輸入代行自体は違法ではない

ジェネリック医薬品は格安で手に入ることから、先発薬の偽物といった見方をする人がいます。
しかし、その成分はほぼ変わりありません。
先発薬には、それが開発されるまでに必要だった研究費などが加算されているためです。
だから、先発薬にはある期間は特許が与えられます。
特許がなくなった時点でジェネリックのものが手に入れられるようになります。
だから、ジェネリックは偽物というわけではなく、いわゆる後発薬という位置づけになります。

ザイザルのジェネリックについては、まだ日本には存在していませんが、ほどなくできるのではないかといわれています。
海外で開発されたクレブロスですが、これを手に入れる方法は個人輸入という方法に限られます。
つまり、個人でインターネットの通販サイトを通じて購入することになりますが、まず必要になるのが英語を主とした語学力です。
メールでやりとりできる程度の語学力があれば問題ないのですが、それも難しいという人のために、個人輸入代行というものがあるので、こちらを利用します。
個人輸入の場合、到着の遅れや誤送などのトラブルがよくあり、その心配がなくなるという点でも利用する価値があります。

代行業者を介して手に入れることになるので、価格は個人輸入よりも若干高めになります。
手間やトラブルのリスクを減らせることを考えれば、得な方法とも言えるでしょう。

個人輸入の場合、個人で利用することを目的とするのが前提で、ビジネスに利用するのは違法となっています。
日本では、安全性を重視するために、医薬品の販売には厳しい規制がかけられています。
ドラッグストアには薬剤師が常駐していなければならないし、医師の処方の必要な薬も少なくありません。
ザイザルは、まさにそのような薬です。
処方薬を利用する際には、医師の初診料や診察料なども加わってきます。
保険が適用されないとなると、かなり高額な薬代となってしまうのです。
しかし、この個人輸入を利用すると、高額な医薬品を手軽に格安で手に入れることができます。
つまり、医師の処方箋が必要のない国で自分の欲しい薬を手に入れるということなのです。

もちろん、違法でもないため多くの人がこの個人輸入や個人輸入代行を利用しているのですが、自覚しなければならないのは、すべては自己責任のもとにやらなければならないということです。
トラブルが起きたときは自分で処理しなければなりません。